ホーム » メッセージ

メッセージ

 「ユネスコ平和芸術家」に任命戴き、自分自身の音楽活動でどのように社会貢献・国際貢献に報いる事が出来るのか。自問自答の日々は、今も続いています。

 2000年、自作曲のアルバムが全米でチャートインしたのがきっかけで各国からコンサートのオファーがあり、ロサンジェルス・コンベンションセンターでの公演を皮切りにこれまで五大陸で開催をしていますが、この道半ばで、ユネスコ・パリ本部から「これまでのミサの活動をそのまま生かし、ユネスコ平和芸術家として平和のために更なるご活動戴きたい」というお言葉を戴きました。

 「世界遺産トーチランコンサート」は私のライフワークであり大切な友でもあります。

 「世界遺産」とは、「国境と世代を越えた人類共通の宝物」とユネスコで定義されており、今を生きる私たちは、これらを保護し未来へ受け渡す役目を授かっています。

 また不動産である世界文化遺産と同時に、世界自然遺産のように「生きとし生けるものへの共存と保護」、つまりは「自然、命への畏敬の念」といったことも同時に考えていくべきであると、ユネスコでは考えられています。

 よく、「世界遺産保護」と言われても、どのようにすればいいのかと質問をされることがあります。

 そんな時、私は、自分もそうであるように、たとえば身近にいる生を持ったもの命を大切にすることや、身近にある公園の木々を愛でるように、自分の一番身近にある生(それは動物も植物も)を慮ることから始まるのではないかとお話をさせていただいています。

 この心こそが、ユネスコ憲章である「戦争は人の心の中で生まれるものだから人の心の中に平和のとりでを築かなければならない=心の平和」に相通ずることでもあるのだと。

 ユネスコは世界遺産だけでなく、ユネスコ憲章から発生する様々な人道支援、文化支援、国際貢献を行なっています。

 その中で、特に私自身は「自然との共存」に思いを寄せています。

 私自身は、ずっとペットを飼っており、動物が大好きです。 また、自分の音楽も、動物からインスパイアされることもしばしばです。

 この機に、ユネスコ平和芸術家としての活動の一環として、「心の平和」とは何かを、更に身近に皆様とともに考えていける活動をしてまいりたいと思います。


イリーナ・ボコヴァ氏からのメッセージ

『今回の大地震と大津波によって被災した学校は7000校を超えます。 音楽は時空を超えて人々に生きる勇気と力、喜びをもたらし、万人に通じる心の言語で語りかけます。ユネスコ平和芸術家・城之内ミサ氏の音楽が結び付ける、人と人の心が被災地に住む子どもたちと先生への、温かい支援に繋がることを願っています。 』
(東日本大震災「ユネスコ絆キャンペーン」より)


Message de Mme Irina Bokova, Directrice générale de l’UNESCO

Nous avons dénombré plus de 7 000 écoles sinistrées par le grand tremblement de terre et le terrible tsunami. La musique procure joie, courage et force de vivre à chaque personne, en tout lieu et en tout temps, par son langage du cœur qui peut être compris de tous.

Je souhaite que la musique de Mme Missa JOHNOUCHI, Artiste de l’UNESCO pour la Paix, unisse les cœurs de chaque personne afin d’apporter une aide chaleureuse aux enfants et professeurs vivant dans les zones sinistrées.

(Tiré de la campagne de l’UNESCO pour les victimes du grand séisme de l’est du Japon “Kizuna -un message d'espoir pour les écoliers japonais”)


Message of Ms. Irina Bokova, Director-General of UNESCO

Over 7,000 schools were affected by the earthquake and tsunami during the massive disaster of East Japan in 2011. Music transcends time and space, and speaks to the heart of people, bringing them the courage, strength and joy to continue on with their lives. It is our hope that the music of Ms. Missa JOHNOUCHI, UNESCO Artist for Peace, will bring the spirits of the people together, and provide comfort to the children and teachers in the disaster-struck areas.

(From the Great East Japan Earthquake UNESCO Campaign “Kizuna - a message of hope for Japan's school children”)